トップ / 葬儀へ参列する服装

葬儀へ参列する服装

葬儀は優良な業者へ

冠婚葬祭

葬儀業者の選び方について

突然身内が亡くなると、気が動転してしまい、何をしたらいいかわからなくなるものです。急いで葬儀の準備もしなければいけませんが、業者選びで気をつけることは、しっかり見積もりをだしてもらうことです。1社だけに絞らず、複数の業者から見積もりをだしてもらいましょう。見積もりをしっかり比較することは大事ですが、料金に何が含まれているかしっかり確認しておかないと、あとでトラブルになってしまいます。通夜や葬式の日程は業者やお寺の方とよく相談して決めることになります。

葬儀マナーを考えると

どのような場所でも、マナーは存在します。特に冠婚葬祭の中でも、厳しくされているのが葬儀のときです。服装は当然ですが、持ち物やメイク、アクセサリーなどマナーとしては限定がされています。アクセサリーは、金などの光るものは厳禁です。出来れば何もつけないのが無難ですが、真珠だけは涙を表すとして許されています。今の葬儀のときに、問題になるのがネイルアートです。せっかくしているのに、一時的の参列で取るのは嫌な場合には黒の手袋をすると隠すことができマナー違反にはなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀の基本マナーについて. All rights reserved.