トップ / 葬儀での受付の仕事とは

葬儀での受付の仕事とは

葬儀での受付の事

冠婚葬祭

葬儀の受け付けは誰に頼むか

葬儀では、受付の仕事がかなり重要になります。一つは弔問客に粗相のないように気を配ったり、喪主や施主に連絡をこまめに、すぐに行うということがあります。また、弔問客からいただくお香典をしっかり整理し保管するということもあります。したがって、葬儀の受け付けは的確な人で信頼できる人を選びます。できれば、親戚関係からと会社関係、人数に余裕があれば、町内会とか隣組とかからも選んでおきたいものです。何回か経験があること、信用できることが第一条件ですが、あの人はだめというわけには行きませんから、親戚関係は喪主施主が選び、会社関係は会社にお任せで、近隣関係は町内の役員とか隣組の組長にお任せという具合にするのが無難でしょう。

お葬式の受付の人の役割とは

葬儀に参列すると会場の前に受付があり、そこで香典を渡し、参列者の名前を記載して会場に入るようになっています。参列者が多い場合には、故人や遺族などの会社関連とその他に分けて設置されている事もあります。この受付をする人の役割は、香典の管理と記帳を促す事が主な役割です。香典を受け付けると、その額を別途記録簿に記載し香典袋に糸を通してまとめたりしている姿も見かけますが、香典が多い場合は、保管箱に入れて保管するだけと言う事も多いものです。葬儀が進行し、参列者の焼香が行われると、こうした役割を担った人達は、司会者の案内に従い、最後に交代で焼香し、遺族の代表の方に香典や記帳簿を渡して役割を終えます。お金を扱う役割なので、責任を持って担う事が求められます。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀の基本マナーについて. All rights reserved.